マイナス金利の利点

アベノミクスとか言われて久しいですが、いまいちピンと来ていない方が多いのではないでしょうか。

自分もその1人ですが、それもそのはず。

その恩恵に浴しているのは、大企業や機関投資家など一握りだからでしょう。

ですがアベノミクスの政策の一つである景気対策については、直接的に恩恵を感じ取れるものもあります。

それが日銀によるマイナス金利政策です。

マイナス金利自体は一般の国民に対するものではないのですが、銀行を通じて各種ローン金利の低下として影響が現れています。

この7月29日にも日銀の政策決定会合が開かれ、マイナス金利の維持が決定されましたが、住宅ローン金利はさらに下がっています。

こうでもしないと日本全体の景気が良くならない、ということで、なんとなく守りに入ってしまいたくなる世相ですが、このような低金利は利用しないともったいないです。

ということで、ソフトバンクの孫さんは、ARMという英国企業を3.3兆円のうち1兆円を借り入れて買収しました。

これが金利4%時代であれば、1兆円は10年で1.48兆円にも膨らむため、年間の利払いが数百億円となりますが年利1%で借りることができれば、1.1兆円に留まります。

不動産投資において、宅のリノベーションなどを低金利で借りて行うチャンスでもあります。